私が運命の出会いをしたのは5年前の夏です。

初めてのバイトの面接にドキドキしながら期待と不安でいっぱいの私。

そんな私を迎えてくれた面接官が運命の相手でした。

面接の日の帰り道、なぜかあの人に出会えてよかったという気持ちになったのを覚えています。

彼は私より8歳上の関西人。

私には同い年のイケメン彼氏が居ました。

面接官の彼は見た目は普通。

一目惚れしない私はこの時、特別彼のことを意識することはありませんでした。

数日後、採用の電話があり彼と一緒に働くことになりました。

彼は社員、私はバイト。

初めてのバイトだったので彼には怒られることも多く、正直苦手な人と思いながら仕事をしていました。

それから1年くらいたったある日、たまたま2人きりで仕事をすることになりました。

仕事終わりに食事に誘われた私は断るのも悪いしという思いで行ってみることにしました。

仕事の話や私の学校の話など特に恋愛の話をすることはありませんでしたが、それをきっかけに連絡先を交換しました。

それから何度も食事や遊びに誘われるものの、あまり行く気のしなかった私は断り続けていたのですが、まぁいっかという気持ちで遊びに行ってみることにしました。

行ったのは水族館です。

着くまでの間はぎこちない会話で、あーあ来なければよかったなんて思いました。

それがとっても楽しい1日になりました。

彼がこの生き物はねといろいろと私の知らない事を教えてくれたのです。

こんなに楽しい水族館は初めてでした。

それから仕事以外に月に1度くらい2人で会っていました。

でも特別好きだという気持ちはありませんでした。

そんなたまに遊びに行く関係になって半年、彼の転勤が決まりました。

もう会えなくなると思った途端に、ずっと一緒にいたいという気持ちに気づきました。

それは私だけではなく、彼も同じ気持ちで居てくれました。

私たちは今年結婚します。

運命の出会いはすぐそこにあるものだと感じました。

彼との不倫関係は約1年続いた。

彼は私が始めた飲食店のバイト先で働いているバイトの大学生だった。

私は当時21歳。3年付き合った5歳年上の主人と新婚ほやほや。

結婚を機に新しい土地に引っ越して、近くに友達もおらず、暇を持て余していたためなにげなく始めたバイト先で彼と出会ったのだ。

彼とは同級生ということもありすぐに意気投合。周りも同じくらいの年齢だったからすぐに仲良くなれた。

そんなある日、仲間の一人がバイトを辞めることになり送別会をバイト先全員で開くことに。

主人には、高校の友達との同窓会に行くから実家に泊まるね。って嘘をついた。なんとなく。

そして送別会当日、お酒も入ってすごく楽しくて仕方なくて。

二次会のカラオケで彼と隣の席に座ってしばらく喋っていたら彼に、実はずっと気になっていた。結婚してるって知ってるけど…。と言われて、私も気持ちが抑えきれなくなり、二人でカラオケを抜け出して彼の家へ。

その日から私が主人との子を授かるまでの間の約1年間、彼との関係は続きました。

今はもう連絡を取っていないけど、彼も幸せになっていてほしいと願っています。

不倫というのは以前から行われてきたのですが、それはかつてないほどに一般化しているところがあります。男性は配偶者にある程度満足をしていても、配偶者とは異なるタイプの女性を見たり、妻よりも若い女性を見ると仲良くなりたくなり、不倫してしまうことがあります。また妻の立場にある人たちも、夫以外の男性に好意を寄せたり、そうした男性から誘われると、嬉しくなり、断ることなくその男性についていき、そのままホテルにという流れになってしまうことがあります。

そのようにして不倫が行われているのですが、それをすると自分の家庭が崩壊するかもしれないというかなり危険なことであるのに、その欲望をとどめることができずに、その欲望に身を任せるような行動をとってしまいます。結果として不倫が行われて、それが明るみになったときには、夫婦でいることが難しくなり離婚という最悪の結果になってしまうのです。不倫をする多くの男女は見つからないし、ばれなければそうした刺激を受けてもいいのではないかと思うのかもしれませんが、ばれない秘密というのはそうないもので遅かれ早かればれてしまうことがほとんどです。また仮に配偶者から疑われるということがなかったとしても、実際にはそうしたことに気がついていて、心は離れていっているのかもしれません。不倫の代償というのはあまりにも大きくて、まさに後悔先に立たずであり、かなりの打撃を当人そして相手に対して与えることになるでしょう。

うっかり不倫をしてしまっていたことがあります。このエピソードをお話する前に、一応言っておきますけれど、私は不倫反対派です。けれども実際に自分が不倫をしてしまっていたのですよね。

なぜ、そのようなことになったのかと言いますと、それは相手が「自分が既婚者である」という事実を伝えていなかったからです。つまり、自分が既婚者であるにも関わらず、独身者であるように装って私と付き合ったということなのです。

ここ最近、このような手口が取りざたされていますけれど、自分の身にも実際におこっていたのですよね…。「不倫サイテー」ぐらいのことを思っていた私がまさか、不倫をしてしまうことになるとは…。

相手が既婚者であるということが発覚してから、答え合わせかのように「あ〜」と納得するところが多々出てきましたけれど。もう、後の祭り状態なのですよね。

そして実際に自分が不倫しているということがわかってしまった後でも、すぐには別れられなかったりしたのです…。不倫はサイテーだとは思っていますよ。けれども、もう恋愛が始まってしまった後に、「自分が不倫をしている」という事実がわかってしまった場合に、潔く「ほな!さいなら!」とはなかなかできなかったのですよね。

実際に自分が不倫を体験してしまうまでは、できるタイプだと思っていましたのですが、実際には不倫がわかったとしてもなかなか辞めにできなかったと…。相手に対してサイテーだとは思いつつも、「もう少し恋人で」という情が働いてしまってダメでしたね。

けれども、慰謝料を請求されたり泥沼になったらたまったものではないので、ほどなくして逃げましたけれど。ハッキリと相手に伝えることなく、フェイドアウトですが。一方的に縁を切りましたが、まあ追われませんでしたね。

男女の出会い方は色々あると思いますが、職場や学校などが一番多いでしょうか。

どうしても接触回数が多い方が上手くいく確率もアップしますのでそうなるかと思いますが、つきあったところで上手くいくカップルとわりと短期間で別れてしまうカップルがいます。

上手くいくカップルの特徴としては「価値観が合う」ことが大きいと思います。

容姿や性格などよりも、価値観の方が最後は決め手になると私自身は信じています。

いくら、容姿が良くても考え方があまりにも違うとだんだん上手くいかなくなります。

一方、性格が合わないなと思っても、価値観が似ていると性格が違うから上手くいくのかもなんて言ってけっこう仲良くやっているものですよね。

そういう意味でも男女の出会いは趣味が同じであることはかなり有利だと思うのです。

趣味というのは時間をわざわざとってでも楽しみたい、好きなことなわけで、それが同じということは最初から話が合う、分かり合える部分があるということです。

競い合ってしまう部分も出てきますが、でもやっぱり全く違う趣味同士よりは意見を戦わせることができて会話が盛り上がるのではないでしょうか。

特に男性は女性にあれこれ教えてあげたいと思うみたいで嬉しそうに話をしてくれますね。

その一生懸命な姿が素敵だと思います。

私自身の上手くいった出会いは趣味の集まりでした。

そこで相手が気に入ってくれて、会話をするようになり、恋愛関係へと発展するのですが、これはどんな出会いでも同じです。

もちろん、いいことばかりではなく別れの危機もありました。でもやっぱり分かり合えるのはあの人しかいないとお互いに思ってまた仲直りというのを繰り返しています。

男女のつきあいでは、やはり体の相性なども重要ではあります。

ですが、それ以上に価値観、物の考え方、人への思いやりなど似た人がいいと思います。

出会いたいと考えてコミュニティーサイトなどを利用する際に口コミをもとに利用するか判断することがあります。口コミ信用度を高めるためには、自己年齢と口コミを書いている方の年齢が同じくらいの方が良いのです。

出会いをしたい時にあまりにも離れた年齢の人の意見というのは、あまり参考にならないこともあります。若い人にとって良い雰囲気であったり、ある程度年齢がいった方にとって良い出会い系サイトで違いこともあるのです。そこにはジェネレーションギャップであったり、その場のノリなどが異なるので口コミの良さを感じる年齢が違ってきます。そういったことを問題のない人であれば気にする必要はありませんが、新たな所に出ていく場合には環境が合っていることが一番自分の本領を発揮できる場でもあるのです。そのために口コミには書いた人が自分と同じ年代であったり、境遇が同じような人というのが重要となってきます。この時に同姓や異性など両面で見てみても良く、両方共に楽しい環境であれば良い出会い系サイトであることが多いのです。

出会い系サイトの口コミでは同世代が楽しい環境である所を見つけ、信用できる所で出会いができると良いでしょう。