ちょっぷすてぃっくす

Just another WordPress site

お好み焼きをおいしく作るコツ

家で作るお好み焼きをおいしく作るコツがある。実はとても簡単だ。
カップ咲きそばを食べた時にスパイスの入った小袋が残ることがないだろうか。あれを使うのである。
お好み焼きの材料というのはだいたいキャベツ、干しえび、小麦粉、卵などのその辺に適当にあるものだと思う。キャベツがネギになったり青のりが入ったりなどと異同はあるものの、どこの家でもこんなものではないだろうか。
ただしこのままで作ると少し味が足りない。かつおぶしを混ぜてもいいが、この時に残っているカップ焼きそばのスパイス小袋をひとつ混ぜておく。二つはいらない。味が濃くなっておいしくなくなる。
このスパイス小袋は塩コショウなどのほかに化学調味料が足されている。なので同じ材料でもコクが出ておいしく感じられるのだ。
カップ焼きそばのスパイス小袋が冷蔵庫の中に残っていたらぜひやってみて欲しい。ジャンク感が追加されてとてもお好み焼きらしくなる。

it-sailcup