ちょっぷすてぃっくす

Just another WordPress site

おばあちゃんのお見舞い

昨日は、おばあちゃんのお見舞いに行った。おばあちゃんが入院している病院は車で20分のところにある。私の叔母が毎日かいがいしくお世話しているそうで、とても元気なようだ。
私の祖母は去年脳出血があり、寝たきりになった。その時に余命は残り幾何かという話だったが奇跡的に回復し、半年以上も存命している。しかし意識は戻らず反応もなかった。それを祖母の娘である叔母が懸命にリハビリし、マッサージし、毎日声掛けしたためか、祖母は瞬きをするようになり、声に反応するようになった。医者からも奇跡と言われている。そんなおばあちゃんに会いにいくことにした。
車で20分なんだからいつでも行けそうなのだが、お見舞いというのは心が重くなる。かなり気合をいれないと行けない性分だ。叔母に行く旨をメールしてどんよりした気持ちで病院に向かう。病院につくと、祖母の病室はひっそりしていた。叔母が今日はこれない日らしい。おばあちゃんはひっそりと息をしていた。来ましたよ。と声掛けしても反応はない。孫ですよ。かわいい孫ですよ。と言っても何もこたえなかった。ひとしきり声掛けしたり歌を歌ったりしたあとはいっしょにぼーと過ごした。安らかに眠っている祖母が子どもの寝顔のようでだんだん眠くなってきた。人は年を取ると赤ちゃんに戻るかもしれない。20分くらいたって私は病室を後にした。帰りに食べたラーメンが妙に美味しかった。

it-sailcup